ベイビーライオンのブログ

15年以上、“マンガ流産のベイビーライオン”という流産専門のホームページで沢山の流産情報を発信し続けています。
<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

稽留流産

こんにちは、私がブログの管理人ですカズミです。2001年に開設した❝流産専門のホームページ❞、(マンガ流産のベイビーライオン)を運営する管理人のブログへようこそ♪




ついさっき、スマホ版の「ベイビーライオン」を更新してきました。




今回は、流産Q&A内の「稽留流産」のページを更新しました。


↓ こちらからジャンプできます ↓


ベイビーライオンのスマホ版のトップ画面はこんな感じです

スマホ版に今すぐジャンプしたい方はコチラから





最近、スマホ版の更新を毎日1ページずつやるように心がけてます。



明日も楽しみにしててくださいm(__)m



さて、話しは変わりますが、




最近、とっても上がるすっごく素敵なアイテムを見つけました!






コレ





さて、なんでしょう?

これ、何かわかります???




正解はコレ





おしゃれ歯ブラシでした〜!

オシャレ歯ブラシなんです(*^^*)♪



めっちゃ素敵〜じゃないですか!?

さて、なんでしょう?

色んな柄があって
とーーーーーってもスタイリッシュ☆



洗面所が一気に華やぎます。




歯ブラシ画像

ちなみに。↑の画像のようにコップにINしてしまうと、柄の部分が全く見えず、残念な感じになってしまいます。。。。( *´艸`)笑




今週は雨の週末です。
雨、雨、雨の毎日ですが、
だいすきな紫陽花にとーーーっても癒されてます。

紫陽花画像


==== おススメ情報 ====





葉酸のお試し
画像、お借りしましたm(__)m

初回葉酸おためしキット(たっぷり30日分!!)¥980


↑↑数量に限りがあるそうです。お早目に♪












葉酸だけじゃなく、
マカもとってもおススメ。
↓ ↓ ↓




↑お試しセットからどうですか?



=============================

わたしが長年取り組んできた流産予防法はこちらのページでくわしく

■流産予防法もくじページへ

=============================

ブログランキングに参加中です!
応援クリックありがとうございます♪
↓↓↓


にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療情報へにほんブログ村


こちらのランキングサイトにも参加中です。


みなさま、クリックお願いいたします(^^)
↓↓↓

健康と医療(不妊) ブログランキングへ


 
JUGEMテーマ:健康
わたしの流産 | permalink | - | -

何年ぶりかの「流産マンガ」新作UP!

長ーーーーーーい間、(事実上)放置状態となっていた、4コママンガ「流産・妊娠日記」に新作をアップしました!




流産マンガへGO!
→マンガ始めから見る こちら


※新作は「みなさまへ」と、「ネガティブシンキング」というタイトルのものです♪


この4コママンガは私の流産体験を描いたものなんですが、ホームページを始めたばかりの頃にUPしたものばかりで、その後は新たに描き加えることもなく、10年以上ずっと手つかず状態だったんです。




若い頃に描いたものなので、自分で読み返すと「うわ〜恥ずかし・・・・」という一言ですね、、、、(^_^;)それでも、ホームページの中でも一番閲覧いただいているコンテンツでもあるのでそのままUPしたままの状態だったんですが、このたび、過去のマンガに少々修正を加えたり、新たに描き足したりしてます。あ、、、絵を見ていただいたらすぐにわかると思うんですが、私は過去に絵の勉強をしたことは1度も無く、単なる趣味で描いたマンガですのでお見苦しい点ばかりですが、あたたかい目で見守ってやって下さい(^_^;)




私が流産をしてからはもう10年以上も時が経っているんですが、今こうしてマンガを描くことで当時の気持ちを振り返ってみたり、妊娠ということの奇跡や命の尊さを再確認してみたり・・・・そもそも、ホームページを始めるきっかけとなったのも妊娠がきっかけだったんですよね。




当時は「誰かに見てもらいたい」という気持ちよりも、「自分の記録を残そう」という軽い気持ちで始めたんです。そうしたら、思いがけず「私も同じように流産をしたばかりなので、同じ経験をされたカズミさんのHPを見て励まされました」というメールを下さった方がいて。。。。まだ当時は1日のアクセス数も3とか4(←自分がアクセスした数も入れて(笑))くらいしか無い時だったので、自分以外の方がわたしのHPを見てくださってるんだーー、すごい!うれしいーーー!!という素直な喜びの気持ちと、「見ず知らずの私にこうしてメール下さるって事は、きっと周りの方には流産後の気持ちを打ち明けられないんだろうな、私と同じ様に・・・」と気付かされました。



「もしかしたら、私が流産当時に抱いた、“誰かと気持ちを共有したい”“私ひとりじゃないんだと思いたい”という同じ気持ちを抱えている方、たくさんいるのかも!」って思いました。そこからなんです、私が流産のHPをしよう!と思い始めたのは。。。今でも初めてメールを下さった方の名前をはっきり覚えています。その方には「きっかけ」を与えて下さった事、今もとても感謝しています。




流産のHPを始めたことで、これまで何百人という流産経験者の方のお話しを聞くことができました。「あの方は今はどうされてるかな〜」と過去に交流を持たせていただいた方の事を思いだすこともしばしば。。。(*^_^*)みなさん、幸せにされてるといいな〜。





というわけで、こたつに入りながらひたすら地味〜〜〜に更新作業をすすめつつ、過去に思いを馳せながら過ごした数日間でした(^^)




★★スマホサイトの方も少し更新しました→→コチラ!



=============================
■長年続けて来た、私流の→流産予防法 コチラ
=============================




===ブログ管理人の紹介===

管理人画像このブログ兼、流産のサイト【 ベイビーライオン (※スマホ版→コチラ  ガラケー版→コチラ)】の管理はわたくし、カズミがやっております。10年以上、流産専門のサイトを続けて来た経験をみなさまの為にお役立ていただけたら。そんな想いで情報発信をしています!これからもブログ応援お願いいたします。

=============================


ブログランキングに参加中です!
現時点で4位でした。
皆様のクリックのおかげでランクアップできました。
本当にありがとうございます!


↓ ↓
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 天使ママ・天使パパへ
にほんブログ村



こちらのランキングでは、現時点で1位でした。
ありがとうございます(^^)

↓ ↓



********************

わたしのホームページ → 
マンガ流産のベイビーライオン



 
JUGEMテーマ:健康


hotsotreさんまとめ買いキャンペーン詳細へ
わたしの流産 | permalink | - | -

流産した赤ちゃんのお話し。

私が別で運営している流産のサイトを見ていただいた方から、こんなメールをいただきました。

流産経験者の方にぜひ読んでいただきたい内容ですのでご紹介させていただきます。

『マッサージの店をしておられるその方に、ふとしたきっかけで出会えたことは本当に幸運でした。


その方は、本当に心も体も癒されるいい方でしたが、終わるとすぐに「あなたには母方のおばあちゃんがついてくれている。これから陰膳をしてください」と言われたのです。


私は突然のことに驚きましたが「おばあさんですか? 私についているのは子供ではないのですか?」と聞き返しました。


私には5歳の娘がいます。この子の前に2度、あとに2度、流産しているのです。江原さんの番組でよく「あなたには生まれて来れなかった兄弟がついている」と言うのを聞いていたので……。


その方は間髪置かずに「子供もいるよ。水子が2人。ひとりは男の子で今5歳。もうひとりは3歳の女の子。男の子はお母さんと子供さんの間を行ったり来たりしてる。女の子はおかあさんにずっとくっついてる。「ずっといっしょにいれてうれしい」って。」……


私は涙が止まりませんでした。江原さんに会えた訳でもないのに、こんなことが聞けるなんて……。


4人流産したにのに2人しかいないのは、あとの2人はあまりにも小さなうちに流産してしまったので魂はあっても感情が芽生えていないとのことでした。 


私には見ることも感じることもできません。けれど「我が子」は必ずあなたのそばにいます。 』




二度と離れることはないのだと思うとなんだか心が安らぎます。。。



流産後の心を癒すスライドショー、おかげさまで好評です(^^)⇒コチラ



*2つのランキングに参加中です*

応援、宜しくお願い致します。
下の各バナーをクリックしていただくだけで、1票入ります♪
本当にありがとうございました(*^-^*) Byカズミ
↓ ↓ ↓

1個目にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへにほんブログ村

2個目ブログランキング用バナー
わたしの流産 | permalink | - | -

流産を乗り越えるということ



“流産を乗り越えるにはどうしたらいいのか?”


私が8年間運営してきた流産のサイト(マンガ流産のベイビーライオン)の掲示板には


この答えを探して苦しんでいる方からの書き込みがたくさんあります。


そのたびに、『辛いよね、苦しいよね・・・!』と思います。
心の葛藤や苦しみが痛いほど伝わって来て、私も胸が痛みます。



私自身、一度流産の経験があります。
結婚してすぐに授かった子を流産してしまいました。
心から望んだ赤ちゃん、、、
絶対に生みたかった、でも生まれて来てはくれなかった赤ちゃん。
今は正直、それが運命だったんだと受け入れることが出来ています。


私自身のことだけで言うと、流産を乗り越えることができたのは、
次の子を授かり、そして無事に出産することができたからに他なりません。


もちろん、流産後に妊娠した時も、その後の妊娠も毎回妊娠のたびに
『流産』という、文字が頭をちらついて常に不安な気持ちが付いて回りましたが、それはやはり一度でも流産を経験している人ならだれでも抱える不安だからと、その『流産のトラウマ』と向き合うしかありませんでした。


『じゃあ次に妊娠出産するまでは、この苦しみから逃れられないの!?』と言われたら今の私にはその質問に答えることはできません。
わからないからです。


綺麗事でならいくらでも言えるかもしれません。
『子供のことばっかりじゃなくて、人生他にも楽しいことあるよ。』
とか、
『気楽に過ごしてたらそのうち授かるよ』
とか、、、、。


でも、そういった言葉は私は言いたくないんですよね。。。
だって、流産された方は本当は早く、少しでも早く、我が子を胸に抱きたいに決まっているから。会えなかった我が子に、もう一度会いたいと、心から思っているはずだから・・・。


だから、私はただ、流産を経験された方に伝えたいんです。
次は絶対に元気な赤ちゃんを産めるように、少しでも早く赤ちゃんに会えるように、私でできる限りのことをさせてください。と。


次の妊娠のために、私が知りえる限りの情報をネットを通じて発信させてください・・・と。


私はお医者さんでも無いし、ただの主婦で、流産も1度経験しただけですが、流産された方の悲痛な思いをなんとか和らげてあげられたら・・・・なんておこがましいけど、そんな強い気持ちがあります。


毎日毎日掲示板やメールを通じて聞く、流産経験者の方の声。
こんなにも流産された方がいるのかと、驚かされています。


どうか、一人でも多くの方が無事に妊娠、そして出産できますように。


もう2度と流産しませんように・・・・・・!!


このブログやサイトを通して、少しでも有効と思われる情報をこれからも発信していきたいと思っています。


私のサイトはコチラです(流産予防情報やマカ、葉酸、ルイボスティーに関するクチコミ情報などもあります)

↓ ↓ ↓




*2つのランキングに参加中です*
応援、宜しくお願い致します。
下の各バナーをクリックしていただくだけで、1票入ります♪
本当にありがとうございました(*^-^*) Byカズミ
↓↓↓

1個目にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへにほんブログ村

2個目ブログランキング用バナー
わたしの流産 | permalink | - | -

私の名前をお腹の子にはつけないで・・・

昨日のお話しに関連した話しをしますね。
これも昨日のお話しさせていただいた流産を立て続けに二度経験された方から聞いた話しです。

彼女は流産した時の子に女の子の名前をつけていました。とても可愛い名前でした。

流産をしてから数年後再び妊娠した時、彼女は旦那さんと2人でお腹の子の名前を考えていたそうです。そこに候補として、流産した時の子につけた名前があがりました。

そしたら突然、誰もいない子供部屋でおもちゃが鳴り出したのです。

まるで流産した時の天使ちゃんが
『その名前は私の名前よ。他の子にはつけないで』
と訴えているかのようだったと彼女は言っていました。

不思議な話しですが、私は信じます。
きっと天使からのメッセージだったのだと。

*2つのランキングに参加中です*
応援、宜しくお願い致します。
下の各バナーをクリックしていただくだけで、1票入ります♪
本当にありがとうございました(*^-^*) Byカズミ
↓↓↓
1個目ブログランキング用バナー

2個目にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへにほんブログ村
わたしの流産 | permalink | - | -

「流産した理由がやっとわかった」

今日は私の流産の話しではなく、ある方から聞いたお話しをします。
彼女はたて続けに2度の流産という辛い試練を味わった方です。
彼女は流産する以前は2人のお子さんを無事に出産されていました。流産されたのは3人目のお子さんをお腹に授かった後でした。

流産から数年経って、彼女はやっと待望の赤ちゃんを授かることができ、現在は赤ちゃんの子育てに追われていますが、彼女の中ではずっーーっと『流産した時の子供達にどうしても会いたい!!』という強い思いがあったそうです。無事に赤ちゃんを授かっても『この子はあの時(流産した時)の子では無い・・・』という思いが消えなかったようです。だからこそ、『あの子達が帰って来てくれるまで赤ちゃんを産み続けなきゃ・・・』というような考えを断ち切ることができず苦しんでいました。

そんなある日、彼女の見た夢の中に初めて、流産した時の子供たちが現れたのだそうです。彼女は2度の流産とも初期流産で、子供の性別などはわかっていませんでしたが、夢の中に現れた二人はちょうど成人したくらいの女の子だったそうです。2人とも全然違うタイプの女性に成長していたようで、やけにリアルだった、と彼女は話してくれました。


夢の中の2人の娘がこういったそうです。



『ママ、もっとちゃんと呼吸をしてよ。私たちがお腹にいる時もママ呼吸していなかったでしょ。ママが喉元で呼吸を止めるとお腹にいる私たちもとっても苦しかったんだよ!』


・・・というようなことを夢の中で言われた彼女は目が覚めてから確信したのだそうです。


『流産の理由はやっぱり私にあったんだ!私が当時ストレスを溜めたり、イライラしていて呼吸がままならない状況にあったからあの子たちにちゃんと酸素がいきわたらなかったんだ!』と。。。!

彼女は流産の理由がはっきりわかったことでとても気持ちがすっきりしたのだそうです。よく言われるように「最初から育たない命だった」や「生まれても病気を持って生まれてくる子だったんだよ」などということは逆に彼女にとっては受け入れがたいことだったのです。『私の子供を生命力の弱い子だったなんて決め付けて欲しくなかったの。』という彼女なりの気持ちを語ってくれました。

彼女は、夢で2人に会えたこと、そして流産の理由を教えてもらえたことでなんだかやっと吹っ切れた気持ちになれたそうです。それから、夢の中の2人は『ママ、日頃の言葉使いにも気をつけてね』というアドバイスもしてくれたそうです。話しを聞いていた私もあまりのリアルさに、夢ではなく現実に起こったことのように錯覚しそうになりました。

流産は辛いこと、悲しいこと、なかなか乗り越えられないこと、、、
でもきっとみんなそれぞれの方法で少しずつ、時間はかかっても克服していくんだろうな・・・と思います。きっと一番そう願ってくれているのはお空に帰った天使なのだと思います。



*2つのランキングに参加中です*
応援、宜しくお願い致します。
下の各バナーをクリックしていただくだけで、1票入ります♪
本当にありがとうございました(*^-^*) Byカズミ
↓↓↓
1個目ブログランキング用バナー

2個目にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへにほんブログ村
わたしの流産 | permalink | - | -

流産に関するニュース

衝撃的なニュースを目にしました。。。


こちらです↓↓

愛知県半田市立の中学校で1月から2月にかけて、30代の妊娠中の担任教諭に対して1年生の男子生徒11人が「流産させる会」を作り、食塩やミョウバンを給食に混ぜるなどの悪質ないたずらをしていたことが分かった。
(出典:毎日新聞)


『いたずら』という言葉ですまされることではないですよね。

いつかこれをやった子供達もいつか自分の子を授かる時に

自分のやった事の重大さに気づく時が来るでしょう・・・

命の尊さをかみ締めて欲しいです。


++今日のうちねこ++

主人の腕の中でまったり中〜♪のたろ。




あんまり気持ち良過ぎて、

足おおっぴろげで こんなコトになってます(;^_^A

↓↓↓↓↓






だらしない格好。。。(*_*)

ちなみにたろは生まれつきシッポが中途半端に短いんですσ(^_^;




*2つのランキングに参加中です*
応援、宜しくお願い致します。
下の各バナーをクリックしていただくだけで、1票入ります♪
本当にありがとうございました(*^-^*) Byカズミ
↓↓↓
1個目ブログランキング用バナー

2個目にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへにほんブログ村
わたしの流産 | permalink | - | -

あれから8年・・・

私が流産したのは2000年11月。
9月入籍後、しばらくしてから妊娠が判明。
子供の頃から(っていうとヘンに聞こえるかもしれませんが、
お嫁さんになって自分の子供を育てることが小さい頃からの夢でした!)
子供が欲しくて欲しくてしょうがなかったので、
結婚後すぐの妊娠は嬉しくて嬉しくて天にも昇る気持ちでした。

ちょうど主人の誕生日に妊娠検査薬で陽性が出て、
トイレから出てきた私は
「最高の誕生日プレゼントがあるねん!!」
と喜びいっぱいで妊娠報告をしたのを今でも鮮明に覚えています。
それからはうちの両親、主人の両親にも大喜びで報告。
まさかその数週間後に辛い現実が待ってるとも知らず・・・
毎日赤ちゃんとの幸せな生活のことばかり考えていました。
この私が母親になれるなんて。。。。!!!
と生きてきた中で一番幸せな気持ちでいっぱいでした。

妊娠がわかってしばらくしてから、
突然茶色の出血が始まりました。
大慌てで病院に行きました。
でも、特に気が休まるような言葉も対応も無く、、、。
「できれば、あまり動き過ぎないように」
という程度の助言をいただき、
その後も不安のあまりもう一度病院に
かけつけましたが結果は同じでした。
ただ、「一旦心拍は確認できているし。」
というようなことを言われ、
この時の私は心拍確認ができたら流産率が下がる
ということさえ知らなかったので
その言葉の真意を理解することも無く、
でもなんとなく「大丈夫」ってことなのかな?
ということを理解し
少し安心して岐路についたのを覚えています。

一旦出血もおさまり、
赤ちゃんの心臓も確認できていたし、、と
安心した矢先の検診で思いがけない先生の一言。


「あら??赤ちゃんいない。。。。見えないな。。。」




結果は『稽留流産』とのことでした。

「枯死卵といってね、卵が子宮の中で育たず枯れてしまっててね。まだ中にいる状態なんですよ。」

と医師は説明してくれましたが、
どの用語も私には初めてのことばかりで

「なぜ私の赤ちゃんは育たなかったのか??」
「どうしていたら流産を免れたのか??」

そういう本当に一番聞きたかったことは
何一つ聞けないまま、わからないまま、でした。

そして、わけもわからないまま掻爬手術を受け
赤ちゃんとのお別れをすることになりました。
手術のあとの私は
「ただ赤ちゃんを抱きたかっただけなのに。。。なんで赤ちゃんを外に出す手術をしなきゃいけないの!?」と涙が溢れて止まりませんでした。
赤ちゃんに会いたくて会いたくてしょうがなかったのに、
会えなくなってしまった現実にどう向き合えばいいかわからず途方に暮れました。

それから再び妊娠しましたが、その時も初期から出血が続き
心拍もなかなか確認できなかった為、
不安で押しつぶされそうな毎日を過ごしました。
出血は1ヶ月以上もダラダラと続きましたが
奇跡的に赤ちゃんは成長してくれて無事に出産することができました。

結果これまでに1度の流産と3度の出産をしましたが、
妊娠をするたびにいつも
「また流産したら・・・・」
と「流産」の不安がぬぐえることは一度も無く
いつも不安に押しつぶされそうになりました。
もう2度と赤ちゃんを失いたくないと思う気持ちが強いから余計に、、、
でも私がなんとか不安に押しつぶされずに来れたのは
私が7年以上運営してきた流産のサイトに来てくれる皆さんの
流産の体験談を聞かせていただいてきたからだと思います。

「流産で辛い思いをしたのは私だけじゃなかったんだ」
という気持ちと、
「2度や3度以上流産をくり返していても、強く前を向いて歩いている方だってたくさんいる。私も強くならなきゃ・・・!」
と勇気をもらったからだと思います。

たった1度の流産でさえ、
妊娠のたびにどうしようもなく不安になるのに、
2度以上流産をされた方はどれほど怖いだろう、、、
どれほど苦しいだろう・・・・と思います。
きっと私が安易に想像してはとても失礼なほど、
色々悩んだり、苦しんだり、ご主人にさえその心境を話せず
一人で闘っている方がたくさんいると思います。

私に何ができるだろう・・・
そんなことを考えることはとてもおこがましいのかも知れません。
でも、私にできることが1つでもあるなら力になりたい。。。
そう思って流産のサイトとこのブログを運営しています。

当時、まだ流産の知識も無かった私が一番感じたことは
病院では流産が日常茶飯事で、その対応や説明も事務的かつ専門的で
患者にとっては納得のいかない、理解し辛いものが多いということ。

「染色体異常でしょうがなかったこと」
「最初から育つ力の無い赤ちゃんだった」
「生まれていても異常があった赤ちゃんだったんです」

・・・本当に母親が一番知りたいのはそんなことじゃないんですよね。

流産しないために自分ができる精一杯のこと。
後悔しないために母親ができる精一杯のこと、
私が流産したときに知りたかったのはそこなんです。

だから今このブログで
いつ赤ちゃんがやって来てくれてもいいように、
お母さんが赤ちゃんの居心地の良い場所を作ってあげる為の
体質改善に関する情報を提供させていただいています。
それがサプリの情報だったり、ルイボスティーだったり、
流産予防レシピだったり・・・。

マカなどの私の実体験を語る上で
どうしても私の出産体験をお話ししなければならないのは
正直とても辛いところです。
私自身マカと葉酸が流産予防と妊娠の助けになったと信じていて、
それを皆さまにも知っていただきたく、
そして参考にしていただきたく、
実体験の公開に踏み切ったのですが
きっとこのブログを見てくださっている方の中には
「今は他人の妊娠や出産体験を耳に入れるのは辛い」
という方もいらっしゃるはずです。
そのことを考えるととても苦しいです、、、


ここに載せている情報はあくまでも私が個人で調べたもので、
素人の意見に過ぎませんが、
少しでも参考になれば、、、という強い思いで
公開させていただいています。

流産と闘っているみなさまのお役に立つことができれば、
そして一人でも多くの方のもとに赤ちゃんがやって来る日が来れば
と心から祈っています。

*2つのランキングに参加中です*
応援、宜しくお願い致します。
下の各バナーをクリックしていただくだけで、1票入ります♪
本当にありがとうございました(*^-^*) Byカズミ
↓↓↓
1個目ブログランキング用バナー

2個目にほんブログ村 マタニティーブログ 天使ママ・天使パパへにほんブログ村
わたしの流産 | permalink | - | -
毎日飲んでます♪

ヤマノさんの葉酸。

■価格3360円
■送料無料♪
■販売会社ふれあい生活館 ヤマノ さん

ヤマノさんのマカ。定期購入が一番お得♪

初回60%OFF!妊活マカなら「ヤマノのマカ」

ルイボスティーです。3週間お試しセットから始めました。

■価格:1480円  ■送料:無料♪
■販売会社RTRoom さん
プロフィール
年/月別
おススメ本
35歳からの栄養セラピー 「妊娠体質」に変わる食べ方があった!
35歳からの栄養セラピー 「妊娠体質」に変わる食べ方があった! (JUGEMレビュー »)
定 真理子,北野原 正高
今まで常識と思ってたことが実は妊娠を遠ざけているなんてことも!?妊娠体質に近づくためにも、流産しにくい体をつくるためにも、ぜひおススメしたい1冊です!
おススメ本
赤ちゃんができる!ファータイル・ストレッチ―妊娠しやすい体質に変わるストレッチ&ペア・マッサージ (ビタミン文庫)
赤ちゃんができる!ファータイル・ストレッチ―妊娠しやすい体質に変わるストレッチ&ペア・マッサージ (ビタミン文庫) (JUGEMレビュー »)
竹内 邦子,森本 義晴
自宅で毎日できる体操ってとこがいいですよね。図解もついているし、何より体操自体が難しくなくて気軽に始められそうなところが私は気に入りました。
おススメ本
ふたりで食べたい子宝レシピ―「そろそろ赤ちゃん」と思ったら (セレクトBOOKS)
ふたりで食べたい子宝レシピ―「そろそろ赤ちゃん」と思ったら (セレクトBOOKS) (JUGEMレビュー »)
森本 義晴
イラストも綺麗でデザインもオシャレ。見ているだけでもウキウキします。食材の栄養を解説しつつ「このビタミン◎が◎◎に効果的」といった感じでレシピを紹介しているのでとても参考になります!実際料理も作ってみましたが、美味しかったです!
おススメ本
ママ、さよなら。ありがとう
ママ、さよなら。ありがとう (JUGEMレビュー »)
池川 明
お腹の中で亡くなってしまった赤ちゃんとの会話や流産を経験したお母さん達の言葉を通し、「流産や死産の意味」について書かれた一冊です。生まれることも、生まれてこないことも全ては赤ちゃん自身が選択し、そしてそう決めたことには赤ちゃんそれぞれの強い願いが込められているのだと教えてくれる本です。
おススメ本
お母さんをえらぶ赤ちゃん ~ママ、またボクを生んでくれる?~
お母さんをえらぶ赤ちゃん ~ママ、またボクを生んでくれる?~ (JUGEMレビュー »)

生まれる前やお腹にいた時の記憶、についての体験談集です。子供は自分で母親を選んで生まれてくるという内容や、流産に関連したお話しも一部あり、「自分は母親として選ばれたのだ」という自信と、次の妊娠に向けて一歩を踏み出せる勇気をもらえる本だと思います。なぜ短い間だけでも、赤ちゃんがやってきてくれたのか・・その答えが見つかるかもしれません。
おススメ本
流産―もう、一人で苦しまないで
流産―もう、一人で苦しまないで (JUGEMレビュー »)
藤井 知行
流産について丁寧に解説。流産を経験し、悩み、乗り越えた方の体験記も収録されているのでとても共感できる内容です。「流産で苦しんでいるのは私だけじゃないんだ、私も頑張ろう!」と思える内容です。
おススメ本
ごめんね、ありがとう。 (?産まれることができなかった赤ちゃんから届いたメッセージ?
ごめんね、ありがとう。 (?産まれることができなかった赤ちゃんから届いたメッセージ? (JUGEMレビュー »)
326(ナカムラミツル)
流産・死産経験者の方の体験談をもとに作り上げた天使の物語りが326さんの可愛いイラストとともに絵本風に綴られています。読み終わるまでに何度も目頭が熱くなりました。そして読み終わったあとは「わたしの元に来てくれた天使ちゃん、ありがとう・・・!」と亡くした赤ちゃんをさらに愛おしく感じるようになりました。私の天使のイメージもはっきり思い浮かべることができました。