シャインマスカットとピオーネをもらった。

 

 

 

 

一粒一粒がめちゃくちゃ大きくて甘くて美味しくて・・・

 

 

 

 

 

こんな美味しくて立派なぶとうを作れる人ってスゴイって思う。

 

 

 

 

 

その方たちがこの葡萄たちにかける愛情ってどれだけ深いんだろう・・・・て思うと

 

 

 

 

 

とても感動する。

 

 

 

 

秋は美味しいものがいっぱいあって、しあわせだな〜

ちゃんと“母親”できてる?

次男の水筒カバー
 

今日は仕事場の飲食店が早く売り切れて、いつもより早目に帰路につくことができた。

 

 

 

 

 

帰って来たら、長女も次男も留守。

 

 

 

 

 

しばらくして、長女帰宅。

 

 

 

 

 

 

友達と外で遊んでいた長女(高校生)がその友達を連れてウチに帰ってきて私の顔をみるなり、

 

 

 

 

 

「ママ、おったん?なんで?!」って少しビックリしていた。

 

 

 

 

 

 

 

「うん、早目に売り切れになったんよ〜。だから早く帰ってこれた。」「あーね。」

 

 

 

 

 

 

 

かろうじて、小3の次女はまだ私の仕事場について来てくれるので今日も仕事が終わってから一緒に帰ってきた。

 

 

 

 

 

 

ただ、家に帰ってからは彼女(次女)は速攻、自分のスウィッチを使って好きなYouTuberの動画に没頭してるけどね。笑。

 

 

 

 

 

 

きっとそう遠くない未来。彼女は私よりもずっとずーーっと、ネット関連のあれやこれに詳しくなっていることだろう。

 

 

 

 

 

 

最近、うれしくも少し切なくもあるのは、こんな感じで子供たちが確実に自分たちの人生を自分たちの足で歩き始めていること。

 

 

 

 

 

 

いや……やっぱり嬉しいという感情が断然勝るか…な。

 

 

 

 

 

 

さてさて。

 

 

 

 

 

私もいつもよりも仕事が早く終わり、そして明日は定休日で休みということもあり、気持ちにも時間にも余裕があるので。

 

 

 

 

 

 

国税調査の回答をしたり、次男の水筒カバーのほころびを繕ったりと。そんなふうに小一時間をつかってみた。

 

 

 

 

 

 

次男、水筒カバーの扱いが荒く、いつもカバーが劣化してやむなく買い替え〜〜というパターンなのだ。

 

 

 

 

 

 

今回は早い段階で応急処置できたから、これで小学校卒業まではなんとかイケル。

 

 

 

 

 

 

ハズ。

 

 

 

 

 

 

水筒って、高いからな。

 

 

 

 

 

 

小学校のうちは買い替えないからな、わかったか、次男。

 

 

 

 

 

仕事終わって、針に糸を通し、、、

 

 

 

 

 

 

チクチク。

 

 

 

 

 

チクチク。

 

 

 

 

 

繕うわたしは、

 

 

 

 

 

なんだか「母親らしくない?」と、

 

 

 

 

 

 

ひとり、自己満な秋の日の夕方でした。

 

 

 

 

 

 

あー。もうすぐ秋分だ。

 

え・・・!もう!?

えーーーー

 

 

 

 

いつの間にかもう9月!?

 

 

 

 

 

今年は特にコロナの影響で色んな行事が無くなるし、夏休みは短かったし、そんなこんなで例年通りの感じではなくて今が何月だかわからなくなってしまう〜〜

 

 

 

 

時間の経過がマッハ。

 

 

 

 

 

 

あっという間に時間が経過していて、ビックリするね。

 

 

 

 

 

 

人間界はなんだか慌ただしく過ぎていってるので、かろうじて植物の時間から今の季節を感じることが出来ている。

 

 

百日紅

 

毎年、

夏から初秋にかけて鮮やかなピンク色の花を咲かせる百日紅の花。

 

 

 

 

“さるすべり”と読みます。

 

 

 

 

 

秋の空とマッチして、とても美しい。

ついつい毎年カメラを向けてしまいます。

 

 

 

 

 

 

私の住む地域でも、少しずつ秋が深まりクーラーをつけずに過ごせる日が続いています。

 

 

 

 

 

休日には窓を全開にして秋の風をめいいっぱい取り込んで気持ち良く過ごせる、、、、この時期がとても心地よく大好きです。

 

 

 

 

 

ちなみに、今日の休みは県外に住む大学生の息子にちょっとした食材を送りました。アスリートな息子なので栄養補助食品的なものと、最近は災害が多いので非常食としても役立つもの。

 

 

 

 

 

わたしも親元を離れて暮らしている時に母がよく小包みを送ってくれていて、それがとてもホッコリあたたかかった。

 

 

 

 

自分が送る立場になれたことが少しうれしい。

 

 

 

 

 

息子にとって迷惑になってなきゃいいけどね、笑。

 

 

 

 

最後に、

 

 

 

 

 

少し前に末っ子(次女)が描いた絵を。

 

 

 

 

面白い絵だったので。

 

次女の描いた絵

 

レインボーフクロウ。

 

 

 

 

ついでに告知。

 

 

 

 

日々のお弁当づくりなど、育児に関するブログはこちらに書いてます→うち伝説

あと50年も猶予はあるかもしれない・・!

私、46歳。(大学1年生、高1、小6、小3の四児の母)

 

 

 

 

 

両親は70歳。

 

 

 

 

 

 

私は大学に進学した頃(18歳)に実家の九州を離れ大阪に行った。

 

 

 

 

 

その地で結婚をし、地元九州で過ごした時間と変わらないくらいの長い年月を大阪で過ごした。

 

 

 

 

 

 

 

そこから、元主人の転勤で佐賀、埼玉、香川に住んで・・・・再び九州の地元に帰って来て、六年が過ぎた。

 

 

 

 

 

 

 

とても長い年月が経って再び両親のそばで、両親が築き上げたうどん屋で一緒に仕事をすることとなり、勝手に一人で「わたしがこの店を守っていかなきゃ!」みたいな気負いがあった。

 

 

 

 

(人生のパートナーがいた時は「主人についていく!」と決めてたので実家の店のことは私にはどうすることも出来ないとあきらめていた。けど、離婚してからは(両親の築いたうどん屋を継ぐのは)私の使命なのかもしれない・・・と再び思い始めていて。)

 

 

 

 

 

 

私や妹をここまで大きくしてくれたお店を両親の代で終わらすわけにないかない・・・・という気持ちは意識せずとも、きっと子供の頃からずっとどこかにあったのだと思う。

 

 

 

 

 

 

長女だし、「わたしがなんとかしなければ・・・・!」的な。そんな思い。

 

 

 

 

 

 

 

その思いに数十年ずっと苦しめられたし、いっぱいいっぱい悩んだし、考えたし。

 

 

 

 

 

 

 

この数年間、これまで心の中でずっと「両親ももう70代、いい歳だし、いつどうなってもそれは自然の摂理。両親が元気な内に今ここで私が安心させてあげなきゃ。私がしっかりしなきゃ・・・」

 

 

 

 

 

こんな思いに支配されていたんだ、私の心。

 

 

 

 

 

 

長年グルグルと無限ループに陥っていた私の心だけど、少しずつそんな「こうしなきゃ!!」って思いから解き放たれ、最近だいぶ楽になってきた。

 

 

 

 

 

私自身に貸したそんな呪縛を自分で解き放つことができてきたから。

 

 

 

 

 

 

そして、今日ふと、こんなことも心に浮かんできた。

 

 

 

 

 

「これからは人生200年時代が来るっていうやん?例えば親が120歳まで生きたとするとあと50年もあるやん?・・・・そんとき私は96歳・・・!?!?えーーーまだまだ先やん!何をそんな切羽つまってたんやろ?!?!?」って。

 

 

 

 

 

 

私の勝手な押し付けだったことに気づいた。

 

 

 

 

 

親がもう70歳を越えたから、老いてる身にはきっときっと

 

 

 

 

 

色んな事が無理になってる、だとか

 

 

 

 

 

 

もう、(両親に)残ってる時間は限られているんだとか・・・・

 

 

 

 

 

えーーーー!!!!

私が勝手にそれ決める?

 

 

 

 

ってハッとしました。

 

 

 

 

 

 

それ、良くないよね。

 

 

 

 

 

 

私がそう思って(不安に思って、心配して、)親に対してそんな振る舞いをしてたら、実際に両親も色んなことが出来なくなってきた。

 

 

 

 

 

今ままで当たり前に出来てたことが出来なくなるんだよ、娘に頼らないとできない・・・みたいになっちゃってて。

 

 

 

 

 

 

私の意識がそうさせたのかも・・・・って「ソラ」恐ろしくなった。

 

 

 

 

 

私の勝手な思い込みと、両親に対する「私がやってあげなきゃでしょ!?」という押し付の思い。これはダメだろ、って気づいた。

 

 

 

 

 

 

 

ここまで店を築いてきた、両親の力。

 

 

 

 

 

 

これは紛れもない事実。

 

 

 

 

 

それが年齢うんぬんが理由で変わる?

 

 

 

 

 

いやいや、ちゃんとやれるよ、これからも。

 

 

 

 

 

 

うちの両親は42年間やってこれたんだ。

 

 

 

 

 

 

これからも、自分たちのお店を自分たちで、自分たちの心ゆくまで、自分たちの納得がいくように完成させることができる。

 

 

 

 

 

 

 

というわけで、

 

 

 

 

 

うちの両親はまだまだ「アラセブ」(アラウンドセブンティー)

 

 

 

 

 

 

120歳まではあと50年・・・・も!

 

 

 

 

 

 

 

時間はたっぷりある。

 

 

 

 

 

 

いろいろと楽しんで自身の人生を謳歌してもらおうじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

むしろ、120歳という期限も外さないといけないかもね。

 

 

 

 

200歳、いやそれ以上。

いついつまでも、面白おかしく自由に長生きしてよ。

 

 

 

 

 

扱いにくい娘ですが、これからもよろしくね。

 

 

6年目にして、やっと実現したこと。

JUGEMテーマ:家庭

 

2階のトイレの窓用に、ブラインドを購入しました。

 

ブラインド

 

楽天で買いました。

 

 

ブラインド

 

80×100僂里發里如∈拂垢如▲灰鵐僖トな物が届きました。

 

 

 

 

7/25に注文して届いたのが8/21なのでおよそ1か月後に到着。

 

 

 

 

『届くの遅いー!』と思うかもしれませんが、わたしの場合は全く急ぎではなかったので問題なかったです。

 

 

 

 

・・・・というのも、

 

 

 

 

 

このブラインドは2階トイレ用に購入したものですが、6年5か月前に引っ越して以来トイレの窓はずっと簡易の目隠し的なもので補っていたのです(100均で購入した色々を駆使して目隠ししていた)。

 

 

 

 

 

「(トイレの窓の目隠し)、なんとかしなくちゃな〜」と思いつつも6年経過。

 

 

 

 

 

やっと重い腰をあげて楽天で「白のブラインド」を検索(白いインテリアが好き)

 

 

 

 

 

検索してみたところ、気に入ったものがこのお店のものしかなく、届くまでに時間がかかるというのはサイトで確認済みだったのですが

 

 

 

 

 

 

どうせ6年も放置してた案件だし、ここで(ブラインド設置が)1か月先延ばしになろうとそれは私にとってはあまり重要ポイントではなかったので。

 

 

 

 

迷わずポチ。

 

 

 

 

無事に商品とどいてから数日後になりましたが、前回の休日に猛暑のなか汗だくで取り付け完了!

 

ブラインド

 

 

女性でも取り付けできました。

ネジをドライバーでねじ込むところは力技で乗り切りました。

 

 

 

 

腕の力に自信のある方にはおススメのブラインドです笑

 

ブラインド

 

理想どおり。

ピッタリ!

 

 

 

 

 

というわけで、

 

 

 

 

最近は意味もなく2階のトイレのドアを開けては

 

 

 

 

 

 

「白いブラインド、映えてる〜!」とウットリしてしまう毎日です。

 

 

 

 

 

そんな感じで、毎日楽しい日々です。

 

 

 

 

 

購入したのはコレです ↓

 

 

ブラインド プラスチック 既製サイズ 幅80cm 高さ100cm PVCブラインド カーテンレール 取り付け可能 賃貸 イージーブラインド

価格:1,430円
(2020/8/27 21:19時点)
感想(12件)